お風呂をリフォームする時の注意点を聞いてみました

お風呂をリフォームしました。ノーリツの製品です。お風呂を自動で洗ってくれる機能を付けました。これが大変便利です。

毎日のお風呂洗いの手抜きができるのです。浴槽だけですが、あるのとないのとでは、違います。また、入ったところの正面の壁をこげ茶にしました。

すると、奥行きが生まれ、狭いのに広く感じます。目の錯覚ですが、これを利用するといいと思います。気分ですから。お風呂も広いところで入っているような気になります。


うちは木造で築20年なため、家もだいぶ傷んできました。中でも水回りであるお風呂はカビが天井にたくさんできてしまって見た目がとても悪かったです。木の天井のせいもあります。

それでリフォームすることにしました。リフォームではユニットバスになることになり、今までなかったシャワーも付けられるのがうれしかったです。

しかしカタログを見るといろんな機能のあるバスユニットがあり目移りしました。

ジェットバスとかミストサウナもいいなと思ったんですが、値段を見て諦めました。でも最後まで迷ったのが、洗い場の床が掃除しやすいタイプのものでした。

水はけがよくカビができにくいという新しいもので、掃除が苦手な私でもお風呂場をキレイに保てそうだなと思ったんです。

でもすでに予算はギリギリだったので泣く泣くあきらめました。しかし完成してみると、カタログに載っていそうなお風呂になったのでかなり満足しました。

うれしかったのが、お風呂の壁と天井が掃除しやすい素材だったことです。前は木製の天井とタイルの壁だったんですが、これで掃除も簡単になりそうと思いました。

新しくなってお風呂に入るのが楽しくなっちゃいました。やっぱり新しいものって素敵です。こんなことならもっと早くリフォームしとけば良かったです。

とても気に入りました。

洗面所周りのリフォームをした時の失敗談と経験談

脱衣室にトイレを付けました。まえから、そうしようと思い、脱衣室を広くとっておきました。

しかし、担当者が経験不足で、勝手に換気扇を、トイレの近くにではなく遠くにつけられ、腹が立ちました。しかし、施工会社は責任をとりません。

いい加減な施工に腹が立ちました。経験のある担当者がいない会社だったので、こうなってしまいました。

大手の会社であればそんなことはないでしょう。後悔しています。換気扇の場所は大切です。


洗面所を市販のものから、大工さんに独自のものを作ってもらいました。板をコーティングしてもらって、ゴールドにしました。

そこに洗面台を置きました。鏡も大きいものをつけてもらいました。大変気に入っています。ただし、洗面の洗うところが、高すぎてしまい、失敗しました。

しかし、お金がかかるので、しばらくは使うしかありません、素人が作るとどうしてもこうなります。担当者が、若く、アドバイスがありませんでした。悔しいです。

階段のリフォーム工事をした時の体験談

狭小住宅なので、洗濯の干場にも困ります。そこで,階段のほかの人に見えないスペースに洗濯を干せる、バーを取り付けてもらいました。

これは、大変便利です。雨の日はそこにたくさん干せるのです。階段の邪魔にもなりません。干すときは、運動にもなります、手を伸ばす運動です。

毎日、使わない左側を中心に作業しています。知り合いの人が来ると、このアイディアをよくほめられます。私もしこしうれしくなり、みんなに見せています。