庭のデッキングで家族の憩いの場に変身

わたしの家は一軒家で横に長いおうちです。その家と平行に庭があるのですが、今まで庭の半分がレンガで敷き詰めてあり、その上は藤棚でした。残りの半分は芝でしたが枯れやすく、茶色というか萎びた色になっていました。

そこで庭をデッキングにするリフォームを始めました。藤棚を取り、レンガをはずし、デッキングを敷き詰め、上に簡単な屋根を作ると言う計画で業者を呼びました。3箇所の業者を1週間おきに呼び、見積もってもらいました。

値段はほぼ一緒。ただ藤棚を取り除くこと、レンガをはずすことは自分でやったら約15万もセーブできることを知りました。そこでそれを行ってから、また業者を呼び見積もってもらいました。地面を平らにして、デッキングを敷き詰めるまでたったの4日。あっという間でした。

屋根をつけ、(ちょっとこだわったので)電気までつけてもらったので、コレはまた4,5日かかりました。そして全額で約200万。いろいろと自分たちでできることは時間を見つけながらやったつもりでしたが、結局こんなに高額になってしまいました。

でも今までの庭は誰も出ようとはしなかったけれど、デッキングになってからは外でお茶を飲んだり、子供たちはそこで宿題をしたり縄跳びをしたり、ハンモックに寝転がったりしています。思った以上の出費でしたが、納得のいくみんなで使えるファミリーエリアになったのでわたしたちは大満足です。