店舗兼住宅のリフォームで悩んだ経験

私の家は以前は自営業をやっていたという事もあって、店舗と家が一体となった家でした。ですが、その自営業も数年前にやめてしまい店舗部分が長い間放置されてきました。その店舗部分のスペースというのが結構な広さであったので家族でそのスペースを放置しておくのは勿体ないという話になりました。

そこで、その店舗部分のスペースをなんとかする有効活用できないかという事で家のリフォームをしいうという話になりました。

ただ、そうは言っても話は簡単ではありませんでした。というのも、いざそのリフォームをしようという事で業者にリフォーム費用の見積もりをしてもらったところ最低でもリフォームに500万円は掛かると言われたからでした。

なので、家のリフォームをやろうにも簡単にはできないという事になりました。それで一時は家のリフォームをやるかやらないかで家族間で結構もめました。

ですが、それで直前まで家のリフォームをやるかやらないかで言い争いをしました。ですが、結局はその店舗部分の規模からいってそれを放置しておくのは勿体無いという結論になってリフォーム業者に家のリフォームを頼む事にしました。

ただ、そのためにその時あった貯金の半分くらい使う事になったので、金銭的には結構きついものがありました。ですが、結果として家のリフォームをやって良かったと思っています。それはどうしてかというと、そのおかげで家が店舗部分も綺麗になって部屋数も増えたからです。